瓦礫選別は自社でも行える!便利な機械をご紹介
ロゴ

瓦礫選別には便利な「手選別コンベヤー」の導入がおススメ!

瓦礫選別は自社でも行える!便利な機械をご紹介

瓦礫

急傾斜のコンベヤー

自社で瓦礫選別を行う為の機械としておススメできるのが、急傾斜のコンベヤーとなります。こちらの機械を導入する事によって、様々な石や砂の選別を行う事が可能となりますよ。効率的に瓦礫選別を行いたいと考えているのであれば、急傾斜コンベヤーの利用を考えてみてください。

手選別コンベヤー

選別作業をスムーズで便利に行いたいのであれば、移動できるタイプの手選別コンベヤーを利用してみましょう。手選別コンベヤーを選ぶ際には、スピードが調整が可能なのかという事や、万が一の時の緊急停止ボタンが備え付けられているのかを確認するようにしてください。

瓦礫選別の業者を選ぶポイント

見積書を確認しましょう

産業廃棄物などを処分するためには、瓦礫選別を行う必要が出てくる事もあります。瓦礫選別を自社でなく、業者依頼するなら業者を選ばなくてはなりません。その際のポイントとして挙げられるのが、見積書をしっかりと確認するという事となります。料金だけでなく、どのような作業が行われての値段であるのかを確認するようにしてください。

住民への対応をしてくれる

瓦礫選別を行うには、周囲に迷惑が掛かってしまう恐れがあります。業者に瓦礫選別を依頼する際には、住民への対応なども行ってくれるのかどうかを確認してください。例えば問題が発生しそうな場合には、事前に被害が出ないような対策案を考えなければならないのです。

業者に多くの経験があるのか

安心して作業を任せるためには、業者のこれまでの実績を確認しておきたいものです。それなりのノウハウを持っている事を確認出来る事で、信頼感を持って瓦礫選別の作業を依頼する事が可能となるでしょう。

瓦礫選別の知識を深めて

産業廃棄物の処理を行う際には、瓦礫選別が必須となるものです。正しい処分を行うためには、瓦礫選別に関する知識を深める事が求められるでしょう。以下では瓦礫選別でよくある質問・回答を公開しています。お困りの方はこちらをチェックしてみましょう!

産業廃棄物を処分する前に!確認したいよくある質問

がれき類に分類されるものとは?

産業廃棄物として分類されるのががれき類ですが、建物の解体などに応じて発生したコンクリートの残骸やその破片などを指しています。道路で使用されているようなアスファルトの残骸も、これに分類する事ができますよ。

ガラ陶との違いは?

がれき類とはその分類が異なっているのが、「ガラ陶」となっています。ガラ陶とは一体なんなのかと言うと、ガラスや陶器、またはコンクリートの残骸を指しています。このガラ陶は建物の解体以外で発生したものだと言えます。

産業廃棄物の処理法が定められている理由とは?

瓦礫などは産業廃棄物にあたりますが、これらは定められた方法で処分を行っていく必要があるものです。どうしてルールが決められているのかというと、産業廃棄物の捨て方によっては環境に大きなダメージを与えてしまう恐れがあるからです。

道路を工事で採掘した石は産業廃棄物に当たりますか?

道路の舗装工事などを行った際には、石類などが採掘されるような事がありますよね。それらは産業廃棄物に該当し、「がれき類」に分類される事となります。そのため処分を行うような際には、産業廃棄物を扱っている業者に依頼し、正しい処理を行う必要があるでしょう。

大きな岩を処分するには?

岩を処分したいという場合には、専門業者に依頼する事をお勧めします。その際には一定の費用が発生してしまうと考えましょう。石材を扱っているような店舗が引き取りをしてくれるようなケースもあります。まずは問い合わせを行ってみてください。

広告募集中